天国の孝ちゃんへのメール 昨日の続き

2013年04月22日(月) 03時08分
  孝ちゃん。
  昨日の続きです。(ちょっと長いかな 笑)

  山下一郎さんは去年の夏に
  地域のスピーチ発表会に出場することになりました。

  その時、何を話していいかわからなかった山下さんは
  担任に相談しました。

  担任が<奥様の手紙というのはどうですか?>
  とアドバイスしてくれました。

  山下さんはその時思い出しました。
  万里子さんがなくなった時に遺品を整理していると
  万里子さんから山下さんに宛てた手紙を見つけていたのです。

  ただ、万里子さんの遺書だと思った山下さんは
  開封することが出来ずに22年間封印していました。

  担任に後押しされてその手紙を開封することになりました。

  一郎様
  お父さんありがとうございました。
  私の突然の入院で驚きましたね!

  私たち一生懸命働いて二人で山下城を築いて
  これから少しゆっくり生活したいと思って
  将来のことをいろいろお話ししていたんでしたよね!

  私も少し疲れてきたように思っておりました。
  ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

  少し早過ぎますよね。
  まだ四十四歳ですよ。

  私は、人生80年ならばこの若さで
  その人生の幸せをあじわったのかもしれませんね。

  今日、お父さんが帰るまでに心の整理をしておきます。

  甘えたかったのですよ、ず~っと。
  今のうちに笑顔でいなくっちゃね。

  わがままでじゃじゃ馬の万里子が
  こんなに悔やむとは思ってもみませんでした。

  書いても書いても思いはつきません。
  
  本当はきれいなペン字で書く予定でしたが
  早く書いておかねばと思い
  ボールペンでみだれにみだれて一筆しました。

  いつか会いましょう。
  ごめんなさい、お先に。

  お父さん大好きよ!
  ありがとうございました。
           万里子
        61年12月21日PM3時

  遺書なんかではなくて素敵なラブレターでした!

  22年前ということは
  僕たちに悲しみが訪れたときに近い年齢ですね。

  この最後のラブレターは
  まさしく君がくれたラブレターのように感じました。
  涙を流しながらメールに転記しています。

  そして2012年9月14日
  山下さんは妻からのラブレターに返事を書きました。

  妻で盟友であった万里子へ・・・・・・
    中略
  いずれ君に会える時が来たら・・・・・・・
    中略
  では、その日まで

  そして山下さんは今年3月高校を卒業しました。

  孝ちゃん。
  今日4月22日は僕たちの結婚記念日ですね!
  ケーキを買って帰りますね

  Anytime I'm thinking of you!

  みなさんへ
  
  孝ちゃんがいる時に
  <もっと甘えて欲しい>と言ってケンカ?したことがありました。
  孝ちゃんは
  <努力する>と言いました(笑)

  あまり甘えることをしない女性でした。

  あれからいろんなことを知り、また教えてもらい
  その理由がわかったような気がします。

  頼りない僕は彼女にとって弟みたいな存在であり
  背負うものが大きく、多すぎたのかもしれません。

  <甘えたかったのですよ、ず~っと。>
  孝ちゃんもそう思っていてくれたのだろうか・・・・・・・?

  
スポンサーサイト
2013-04-30(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 定時制の卒業式

2013年04月21日(日) 03時20分
  孝ちゃん。 (アンビリバボーからです)
  三月一日、愛媛県の八幡浜高等学校の定時制で卒業式がおこなわれました。

  そこに一人の男性がいました。
  山下一郎さん、79歳!

  一郎さんと妻の万里子さんは
  一郎さんが29歳、万里子さんが20歳の時に結婚しました。

  だけど万里子さんは44歳の時に肺がんにかかり
  48歳でなくなりました。

  そして一郎さんはあることがきっかけで
  定時制の高校に入ることを決意しました。

  それは引退して辞書であることを調べていると
  中学を卒業しただけの一郎さんにはその意味がわからなかったのです。

  その時、闘病中の万里子さんの言葉を思い出しました。

  <18歳であなたと付き合ってすぐに一緒になったけど
   本当は私、大学に行きたかったの。>
  <音大に行って、同じ夢を持った友達と一緒に遊んで勉強して
   そして卒業したら音楽の先生になってってとず~っと思ってた>

  妻があこがれていた学校、夢に見た青春!
  それを確かめるために定時制の高校に入学しました。

  君も大学時代から店の手伝いをしていたと言っていましたね!
  授業が終わったら飛んで帰ってきて配達に行っていたと聞きました。

  もっと遊びたかったはずなのに、
  君のお父さんは市の商店街のことばかりやって
  店の仕事をしない人でしたからね(笑)

  そして僕の大学卒業を待って僕と一緒になりました。
  君の人生は店と家族に捧げた人生でしたね。

  でも君はそれを当たり前のことと受け止めていました。
  万里子さんと一緒でしたね!

  さて一郎さんと万里子さんにはもうひとつのエピソードがあります。
  それはまた明日に!!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-29(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 涼し~い

2013年04月20日(土) 03時34分
  孝ちゃん。     (一週間遅れの記事です)
  昨日はとっても涼しかったです!

  一昨日は半袖で過ごしていたのに昨日は寒すぎました。
  バッグからグランド用のオーバーパンツを取り出して履きました。

  花冷えという言葉がピッタリすぎるぐらいの寒さでした。
  造幣局の通り抜けもこの寒さではたまりませんね(笑)
  
  土曜は雨も降ってもっと寒くなりそうです!
  日本の四季が変なことになっています!

  決算を控えているから風邪をひかないようにしなくっちゃ!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-28(Sun)
 

天国の孝子ちゃんへのメール 君の誕生日

2013年04月19日(金) 11時05分
  孝ちゃん。
  ついさっき店にきました。

  今日は君の誕生日ですね。
  おめでとう

  今年も誕生日のお祝いはしません。
  だって、もうこれ以上歳はいらないって言っていましたもんね(笑)

  22日の結婚記念日にまとめてお祝いです(笑)
  じゃあ!
  夜にまたメールしますね!

  Anytime I'm thinking of you!

  
2013-04-28(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 25歳の三毛猫ちゃん 

2013年04月19日(木) 03時36分
  孝ちゃん。
  一昨日のナニコレ珍百景に三毛猫ちゃんが出ていました。

  ウチのミーちゃんよりもちょっと黒色が多かったかな?
  それがどうしたって?

  な、な、なんと! 驚いてはいけませんよ!
  今年、おん歳25歳になりました!
  凄~い!

  普通のニャンコは15~16年生きることができたら充分ですね!

  このニャンコはまだまだ元気でした。
  一人で歩いて、ご飯を普通に食べていました。

  ミーがウチに来て12年になりました。
  いくら何でも25年も生きることは難しいでしょう。
  でも、それを信じて可愛がっています。

  この子は人を怖がらないし、ほとんどストレスと無縁だから
  ひょっとしたらそれぐらい生きてくれるかもしれませんね(笑)

  君がいない寂しさを癒してくれています。

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-27(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 阪口君が・・・・・

2013年04月18日(木) 03時25分
  孝ちゃん。
  昨日、隼人の同級生の阪口君が来てくれました。

  仕事の出張のついでに寄ってくれました。
  いつもと変わらない笑顔いっぱいでした。
  またブログを見てくれると思うので褒めておこう!(笑)

  阪口君のお母さんも去年の12月に亡くなったということでした。
  と言うことは阪口君のお母さんはもう君のところに着いているんですね!

  11年間もの間意識が戻らずに逝ってしまったとのことでした。
  阪口君は一度でいいからお母さんと話したかったみたいでした。

  彼にとっては大変な11年間だったと思います。
  それでも笑顔を忘れていない!

  前回彼が来てくれた時にもメールしましたね。
  そして彼が靖国神社の近くのトヨタ系の会社で働いていることを
  誰かに教えたような気がします。.

  孝ちゃん。
  阪口君から言われました。

  君にメールを送って
  彼のお母さんと仲良くしてくださいね!とのことでした。

  彼が僕にこんなことを言うってことは
  彼が僕の心をとっても理解してくれているということですね!

  本当にありがとう、阪口君!

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  今日ブログでお互いに訪問している方が店にきてくれました。
  今日初めてお会いする方で、埼玉の方です。

  思っていたより遥かに若い方でした。
  向こうさんは僕のことを思ったより老けていると思ったかもしれませんね(笑)

  彼と一緒に来てくださったのですが
  彼も気さくでとっても優しい方でした。

  本当に二人とも幸せそうでした!

  こんな出会いもあるんだな~って思っています。

  嬉しすぎて涙が出そうになり、それを隠すために
  いつも以上にハイテンションで接してしまいました。

  本当に嬉しいです。
  こんな僕のところを尋ねてきてくれるなんて!

  孝ちゃんとミーちゃんにお土産もいただきました!
  本当にありがとう!

  了解を頂いていないのでブログ名は今は出さずにおきますね!

  4月27日(土) PM8時10分
  今、許可をいただきました!

  来て下さったのは<晴れたらいいね mucchisさん>でした~!
2013-04-26(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール 維新の会惨敗

2013年04月17日(水) 03時18分
  孝ちゃん。
  4月14日の兵庫県の選挙で維新の会が惨敗しました。

  政治的なことは書かないって以前言ったのに(笑)
  最初の頃の橋下さんは好きだったので一言言わせて!

  僕はこれを予想していました。
  ただ、これほどの大差になるとは思っていませんでしたけどね(笑)

  これは橋下さんの驕りが招いた結果でしょうね!

  橋下さんが常々言っていることは正論です。
  でも、最近の橋下さんには人を労わる気持ちが感じられない。

  そして大阪というところが他の地域では
  そんなに人気がないということを自覚していない!
  関西の他の地域においてさえ、さして人気があるとは思えません!
  面白い所だとは思われています。

  正論だけでは人はついてきません。
  このままでは参議院選挙も惨敗するでしょう。

  みんなが橋下さんの心の浅さを知ってしまったからね。
  人は思いやりの心を持った人にしかついて行きません。

  これを掲載したらまた、いじわるコメントが入るんだろうな~(笑)

  Anytime I'm thinking of you!
  
  
2013-04-25(Thu)
 

天国の孝ちゃんへのメール ディズニーランド30周年

2013年04月16日(火) 03時52分
  孝ちゃん。
  ディズニーランドが三十周年を迎えました。

  と報告しましたが、
  ディズニーランドにはもう20年ぐらい行っていませんね(笑)

  その頃から少年野球の指導が忙しくなってきましたからね。

  最初に行った時は本当におもしろかった。
  開園して間もない頃で、待ち時間が4時間ぐらいだったかな?
  
  あの時は奥の手を使いました。
  ディズニーには各企業が協賛?していました。

  たとえば<カリブの海賊>はKビール!
  メーカーのセールスに頼んで横から入ることができました。

  <カリブの海賊>は指定時間に別の入り口に行くと
  豪華な控え室に通されましたね!

  そしてしばらくして係りの人について行くと
  小さなドアを開けてくれました。

  目の前には乗り場がありすぐに乗船して
  アトラクションを楽しむことができましたね!
  他に三つ程そうして楽しみました。

  今、思うにみんなには悪いことをしたなって気持ちでいっぱいです。
  でも当時は得意満面の顔をしていたと思います。
  反省!

  あの頃も日曜か祭日にしか休めなかったので
  こうするしか方法がなかったんですもんね!
  普通に並んだら3~4時間待ちでしたからね(笑)

  あのあと何回か行きましたが最初ほどの感激はありませんでした。
  だから強いて行こうとしなかったのかもしれませんね(笑)

  でも30年か!
  月日の流れを感じます。

  その間に君はいなくなってしまったんですからね!
  もう二度とディズニーランドには行かないと思います。

  ますみと梨樺(りんか)は何回か行っているみたいです。
  思い出をいっぱい作ってもらいましょう!

  それは君が望んでいたことだと思いますからね!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-25(Thu)
 

天国の孝ちゃんへのメール 疲れた~!

2013年04月15日(月) 03時52分
  孝ちゃん。
  疲れた~!

  野○さんの葬儀の疲れが少し残っていました。
  体力的には問題なかったのですが、やはり精神的に疲れました。

  そしてブログでFC2の動きが遅すぎるために
  大幅に時間を食っています。

  他のブログでもみなさん不満を漏らしていました。

  ちょっと疲れたので今日はもう寝ます
  おやすみなさい

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-24(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール 淡路島で地震

2013年04月14日(日) 03時01分
  孝ちゃん。  (一週間遅れの記事です)
  昨日の朝、地震がありました。

  5時33分だったかな?
  揺れが来る30秒ぐらい前だったかな?

  普段は何があっても目が覚めない僕が、目が覚めたんです!
  ただ単にトイレに行きたかっただけだったのかもしれません(笑)

  すると小さく、カタ、カタ、カッタンって感じがありました!
  次の瞬間、グラ、グラ、グラ~ンと揺れ始めました。

  震源が近かったらたいしたことはないだろうけど、
  震源がある程度遠かったら被害は大きいぞ!って思いました。

  TVを点けたら淡路島が震源でした。
  震度は6弱でしたが被害はそんなにひどくはないだろうと思いました。

  季節料理のまえ川のmae mikiさんが気になって
  携帯を使ってブログにアクセスしようとしたのですが
  たっぷり時間がかかってしまいました。(笑)

  君とよく行った五色浜と震災記念館の辺りだったみたいです。
  mae mikiさんのお店と淡路島に致命的な被害がなかったことを喜んでいます!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-23(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 親しい人がまた一人

2013年04月13日(土) 03時51分
  孝ちゃん。
  野○さんの葬儀が終わりました。

  こうして僕達の親しい人がまた一人また一人と旅立っていきます。

  僕の気持ちを大阪につなぎ止めているのはこんな人達なのに
  どんどんいなくなってしまいます。

  でも仕方ないですね
  こうして時代は次の世代へ引き継がれていくのだから・・・・・・

  神様にお願いしたいです。
  僕の親しい人や大事な人をこれ以上連れていかないでください!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-22(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 野○さんのお通夜

2013年04月12日(金) 03時45分
  孝ちゃん。
  昨日と今日とたぶん明日も野○さんのお葬式のメールになると思います。

  昨日は17時30分から大融寺のお寺にいました。
  僕は受付を担当しました。
  初めての経験です。

  昨日は200数十名の方がお参りに来てくださいました。
  明日はもっとたくさんくるんでしょうね!

  供花の名前がすごかったです!
  木○拓○、 長○智○、 ○泉今○子・・・・・・・

  すると目の前にひとつの香典が・・・・・・・
  木○憲○???????????
  本人じゃなかったけど(笑)
  
  あっはっは!
  僕には縁のない人達ばかりです(笑)
  息子さんの東京での活躍がよくわかります!

  お通夜での皆さんのお参りが一段落してお食事をいただいたのですが
  息子さんと友人たちが隣に座りました。

  いろんなことを話しているうちに
  野○さんにいろいろ教えていただいたことを思い出して
  涙が溢れてきました。

  家族も親族もこの場で涙を流していないのに
  僕だけが泣いていました。

  家族のみなさんはそれまでに涙をいっぱい流したんだと思います。

  僕にとって大阪に来てからとってもお世話になった恩人です。
  この人無くして今の僕はなかったかもしれません。
  明日のお別れには最後まで付き合うつもりです。

  野○さんが君のところに着いたら感謝の言葉を伝えてくださいね!
  君の旅立ちの時にはすべてをやってもらったのですからね!

  でも、いつ着くかな?
  働きづめで生きてきた人だから最後に
  寄り道しながら向かっているかもしれませんね(笑)

  Anytime I'm thinking of you!

  今日、4月22日は僕たちの結婚記念日です。
  何にもお祝いをしなかったけれども
  今年の結婚記念日はとっても素直な気持ちで迎えられました!

  今まで皆様からいただいた応援コメントのおかげだと思っております。
  本当にありがとうございました。
  これからもよろしくお願いいたします。
2013-04-21(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 葬儀の話し合い

2013年04月11日(木) 03時11分
  孝ちゃん。
  昨日、商店街の役員さんたちと
  野○さんのお通夜と葬儀の段取りを話し合いました。

  大融寺でおこないます。
  君のお父さんと同じところですね。

  君のお父さんと同じように、いろんな役職をやっていたので
  たくさんの人がお別れに訪れることでしょう。

  話し合いを始めたら向かいの○勢屋ビルのオーナーが
  最初に通達した文書の些細の言葉の不足を取り上げて
  エラそうに言いかけました。

  僕が<それは後でいいでしょう>と言ったところ
  <何ゆうとんねん、お前は!>と言ったので
  <お前って何やねん、あんたにお前って言われる筋合いはないぞ>
  って言うと
  <後で外で話しをしよう>
  って言われました(笑)

  なぜ僕がこの男に突っかかって行ったか君はわかりますよね(笑)

  この男はほとんど商店街には居らずに何かあるとこうして出てきて
  一言も二言も口を出すんですよね(笑)

  実は昨日も何か言うだろうなって思って待ち構えていました(笑)
  案の定狙いどうり突っ込んできたのですぐに切り返してやりました(笑)

  この男は大阪市の隣のH県の尼○○市の元職員だったのですが
  俺は偉かったんだぞ!という態度が全身ににじみ出ていましたね(笑)
  話し合いの途中で後ろを見たらいなくなっていました(笑)

  君の旅立ちの時には
  すべての段取りをやってくれた野○さんのために
  今度は僕が役に立つ番です!

  喪主は君も知っている息子さんが務めます。
  芸能界では割と有名なスタイリストの野○T君です。

  ○た○子と噂になりましたよね。
  あ!ここにもたか子がいた!
  ○で隠した意味ないじゃん(笑)

  T君と親交のある芸能人も来るんだろうか?
  誰が来るのかしりませんがちょっと楽しみですね(不謹慎です)

  でも芸能界には興味がないのでわからないでしょうね!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-20(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 理事長さんが君のところへ・・・・・・

2013年04月10日(水) 03時49分
  孝ちゃん。
  商店街の理事長の野○さんが君のところへ向かっています。

  僕がこの地へ来たときにはすでにお蕎麦屋さんを営業していました。
  そして君のお父さんがつとめていた理事長を引き継いで
  20年以上になりました。

  そして途中から町会長まで引き受けてしまいました。
  他にたくさんの役職まで・・・・・・・!

  二週間ほど前から店を閉めて
  商店街や町会の事務処理を急いでいました。

  僕はうっすらと感じていました。
  もうそんなに永くはないなと!

  数日前救急車で運ばれ集中治療室での治療が続いていました。

  野○さんがいたから
  僕たちはここで安心して商売を続けてこれたのですよね!

  君が旅立つ前後には僕のために
  いろんな忠告をしてくれました。

  君と同じで本当に人の心がわかる人でした。

  一年ぐらい前に体調を崩し
  去年の大晦日にみんなで晦日そばを食べに行きました。

  元気づけるために
  <来年も晦日そばたべさせて!>って言ったら
  笑いながら
  <どうなるかわからんで>
  と返事を返してくれたのが現実になってしまいました。

  また二日続けて旅立ちのことを書いてしまうことになりました。
  僕のマイナス方向への同調は健在です(ここは笑で)

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-19(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール 一人の韓国人女性

2013年04月09日(火) 03時09分
  孝ちゃん。
  昨日の続きです。

  その番組の中で一人の女性の話しが放送されていました。
  韓国の女性でソボンといいました。

  その人は2009年9月に一人の女の子を出産しました。
  そして翌日ソボンは重大な宣告を受けました。

  それは余命三ヶ月というものでした。
  赤ちゃんがお腹の中にいる時に胃ガンが進行していたのでした。

  その時から病との闘いが始まりました。
  娘の一歳の誕生日を一緒に祝うために!

  一度は退院できるまでに回復しました。
  ところが娘の誕生日まで二ヶ月となった時に病が再発しました。

  このときにはもう、手の施しようもない状態でした。
  彼女は<痛い!痛い!>と泣き叫んでいました。

  <どうして私にこんなことが起こったの?>
  と悲痛の叫びをあげていました。

  君も痛かったはずなのに泣き言をひとつも言いませんでしたね!
  ただ一度、僕がいる時に主治医が来て
  <痛くないですか?>
  って聞いたら
  <痛いです>
  って普通に答えていましたね!

  あれから何回かTV番組を見てきたけど、
  痛みは相当のものだと言っていました。

  君はすごい!
  最後まで毅然とした姿勢を崩さなかった!

  本当はこのことをメールする気はありませんでした。
  エレナの手紙だけで終わるつもりでした。

  でも、ソボンがご主人よりも三歳年上というナレーションが入った時に
  メールすることに決めました(笑)

  ソボンの最後はまったく君と同じでした。
  あの虚ろな眼差し、ご主人の涙!
  あの時の僕たちと一緒でした。

  でも孝ちゃん!
  僕がここに書いたメールにはもう悲しみは感じられないでしょ!

  メールしながら自分が立ち直っているんだと感じました。

  このTVを見て、
  <君はなんて素晴らしい最後を僕に見せてくれたんだ!>
  って思いました。
  君は最後まで僕の先生?だったのかな(笑)

  ほら!
  去年まではこんなメールに(笑)って書くことは
  絶対にできなかったからね(笑)
2013-04-17(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール エレナの手紙

2013年04月08日(月) 03時25分
  孝ちゃん。
  昨日、グっとニュースという番組を放送していました。

  昨日も忙しくて番組表を見ていませんでした。
  ふと気づいたら30分以上過ぎていました。

  TVを点けるとエレナの話しでした。
  一年以上前に一度メールしたと思います。

  脳腫瘍にかかってしまった6歳のエレナが
  家のあちこちに手紙を残します。

  エレナが天国に旅立ったあとに
  お父さんとお母さんはエレナが残した手紙を見つけました。

  それはお父さんやお母さんや妹に宛てた愛情溢れるメッセージでした。
  そしてそれはエレナが生きた証でもあったのです。

  字を覚え始めたばかりのエレナが
  病気と闘いながら必死で書いたものでした。

  時には額縁の裏から!
  時にはソファーの隙間から!
  いろんなところにエレナのメッセージが隠されていました。

  その数は200通近くになり、現在も発見されているそうです!

  前回エレナのことを書いたときに
  <君のメッセージがあるかもしれないので探してみます>
  って書いたけど、まだ見つかっていません!

  君がノートと鉛筆を欲しがったのは薬の影響がひどくなってからでしたね
  まともに鉛筆も握れない状態でした。
  君からのメッセージは望めないのかもしれませんね

  でも大丈夫!
  君がエレナと同じように僕たちを愛してくれていたのはわかっています。

  だから僕は君のことを忘れないように
  こうして毎日メールを送り続けています。
  少しでも君の愛情に答えられるように。

  エレナは<天国からの手紙>
  僕は<天国へのメール>

  エレナが近くに来たら
  僕のメールを見せてあげてくださいね(笑)

  あ!
  そっちで英語に変換してくださいね(笑)

  明日に続く・・・・・・・・

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-16(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール ドンペリちょうだい

2013年04月07日(日) 03時00分
  孝ちゃん。
  金曜と土曜はけっこうな忙しさでした。

  ひさしぶりにシャンパン系がよく売れました!
  モエとカフェドパリが飛ぶように売れました!
   (半分ウソです)(笑)

  どこかのキャバクラのおねぇちゃまが
  <ドンペリちょうだい>って入ってきました。

  <パーティですか? ラッピンッグしましょうか?>
  って聞いたら
  <ううん、いいの! ドンペリ飲みたくなったの!>
  って、のたまうではございませんか

  ここしばらくなかったことです(笑)

  昨日はベルエポックも数本売れたし金融緩和の影響が出てきたかな?
  おととい、昨日と人通りも多かった!

  このまま一気にバブルへ!
  それはないですね(笑)

  でも、ひさしぶりに明るいメールが送れました(笑)
  毎日こんなメールが送れたらな~~!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-15(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 文芸社から・・・・・

2013年04月06日(金) 03時33分
  孝ちゃん。
  昨日、文芸社というところから電話がかかってきました。

  去年の夏前だったかな?

  君のことをもっとたくさんの人に知ってもらうには
  どうしたらいいか考えた時に、
  このメールを掲載したブログを本にしたらどうなんだろう
  って考えました。

  本にするにはいくらぐらい掛かるのかなって思って
  文芸社に問い合わせました。
  このことは以前にメールしたかな・・・・・・?

  そのとき文芸社が出した金額は120万前後だったかな(笑)
  <無理です>って答えたら
  数ヵ月後に70~90万まで下がりました(笑)

  ネットでは追加の料金を請求されたりして
  300万ぐらい支払った人もいるって書いてありました(笑)

  いずれにせよ、
  まだそんな時期ではないと思っていたので断りました。

  そうしたら昨日再び連絡があり
  資料を送りますので見てくださいとのことでした。

  最近は本にすることなんかまったく頭にありません。
  僕のブログを本にして売れるわけないでしょ(笑)

  僕は毎日、君にメールを送ることができればそれで充分です。
  もうすでに、たくさんの人が君のことを知ってくれています!

  もう一度・・・・・・・
  それで充分です!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-14(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール CHN=国民総幸福量

2013年04月05日(木) 03時47分
  孝ちゃん。
  CNH=国民総幸福量って知っていますか?

  ブータンの国王が東北の被災地を訪れた時にも話題になったそうです。
  
  現ブータンの国王の父が幸福度という考えを生み出し
  現在もブータンではその考えが受け継がれているそうです。

  幸福度とは
  住環境・教育・仕事など個々人の幸福を
  さまざまな指標をもとに数値化したものです。

  たとえば・・・・・・・・
      ・
      ・
      ・
      ・
     中略
      ・
      ・
      ・
  ブータンでも貧困とかいろいろな問題があるが
  国民の幸せのために目の前の問題を
  ひとつひとつ解決していくことから始めました。

  鹿児島の鹿屋市に柳谷という地区があるそうです。
  やねだんといいます。

  この地域には補助金や観光資源や産業もありませんが
  地域再生を実現して奇跡の集落と呼ばれています。

  感動がひとを動かし、地域愛や住民同士のきづなにつながっていくことで
  やねだんブランドの焼酎などを生み出してきました。

  柳谷公民館の館長が言っていました。
  <幸せは笑顔になって会話につながっていき
   コミュニティのビジネスにまで繋がっていきます。>

  みんながイキイキしていました。

  幸福を感じる度合いはお金だけではないのですね!

  Anytime I'm thinking of you!
2013-04-13(Sat)
 

本日の<天国の孝ちゃんへのメール>の転載をやすみます

本日の<天国の孝ちゃんへのメール>の転載を休ませていただきます。
  本日、僕の大阪での親父と思っている方の葬儀がありました。
  ブログの転載はできません。

  後日、このことも掲載いたしますが
  現在<天国の孝ちゃんのメール>を転載する心境ではありません。

  心から悲しんでいます。
2013-04-12(Fri)
 
プロフィール

Author:孝ちゃんのパパ
僕は鹿児島生まれの男性です。
大阪の大学時代に知り合った妻のたかちゃん(孝子)と子供たちと幸せにくらしていました。たかちゃんの命の灯が消えました。たかちゃんを忘れられず毎日メールを彼女の携帯に送り、今も送り続けています。
たかちゃんは岡村孝子さんと同じ孝子(たかこ)といいます。

リンクはフリーです。
連絡しなくてもいいですよ。

外国から訪れてくれた方へ!
翻訳機能に不備があり、
<たかちゃん>が<たかし>と翻訳されますが
<たかちゃん>は女性です。

僕と妻への応援お願いします

FC2Blog Ranking

フリーエリア
外国語自動翻訳 ここクリックで まず英語に翻訳
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR