天国の孝ちゃんへのメール 地震に遭われた皆様へ

  あまりにも悲しすぎてメールの掲載ができません。
  地震の災害に遭われた皆様。
  がんばってください。
  義援金の募集には出来る限り協力いたします。
  本当に、本当に頑張ってください。
  今すぐに助けられないのが本当に残念です。
  助けに、助けに行きたいです。
スポンサーサイト
2011-03-12(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール ミーちゃんのお散歩

2010年11月10日(水) 02時58分
  孝ちゃん。
  疲れました。

  実は毎日ミーちゃんを午前2時半頃まで散歩させていました。
  お陰で寝不足になっていました。
  今日は2時頃には帰ってきたのでちょっと楽でした。

  ミーちゃんに催促されると、どうしても甘やかしてしまいます。
  ミーちゃんも君がいなくなってしまって寂しいだろうと思うと、
  ついついすき放題にさせたくなってしまいます。

  それと、昨日言ったように昼間は君のために
  お家に残っていてくれるからね
  でも、これからはちょっと早めに
  帰って来るようにします。
  
2011-03-11(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール ニャンコのミーちゃんは・・・・・・

2010年11月09日(火) 03時54分
  孝ちゃん。
  ニャンコのミーちゃんが最近、昼間外へ出ようとしません。

  僕が店へ出勤しようとドアを開けると
  以前のように外には出て来るのですが、
  部屋の方を気にして散々迷った揚げ句
  部屋の中へ戻ってしまいます。

  数ヶ月前までは大喜びで店までついて来ていたのに
  どうしたのでしょうね?

  思うにミーも君がお家に帰って来ていると思って、
  君を一人にしたくないと考えているんじゃないかと
  一人合点しています。

  だって、僕が夜帰って来たら”外へ連れていけ!”って
  催促するんですから。
  隼人も雅之もいるから安心だと言わんばかりに。

  まっ!ニャンコがそこまで考える訳がないけれどね
でも、そう考えた方がちょっと楽しいからね。

  だからその時はミーちゃんに
  「孝ちゃんをお願いね」って言って出かけます。

  本当にそうだったら
  ミーちゃんと一緒に遊んでいてくださいね。
2011-03-11(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール ポジティブに生きよう

2010年11月08日(月) 03時47分
  孝ちゃん。
  今日の日曜日は午後3時を回っても
  体が疲れ果てていて動けませんでした。

  体のリズムが全く元に戻ろうとしません。
  狂ったリズムが更に崩れて行っています。
  このままではいつか大変な事態に・・・・・・・

  よそう。
  もう少しポジティブに生きるようにしよう。
2011-03-11(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール 三つ年上の姉さん女房

2010年11月07日(日) 03時25分
  孝ちゃん。
  今日は、と言っても日付が変わったので昨日ですが
  僕の誕生日でした。  出来ることならば、
  君にも一緒に祝って欲しかった。

  隼人が焼肉を用意してくれました。
  とっても美味しかったです。

  君は永遠にこれ以上、歳をとることは無いのですね。
  君は僕より三つ年上の姉さん女房。
  君は四月生まれ、僕は十一月生まれ。
  君の歳に追いつく迄あと三年。

  人間的にも精神的にも君に敵わなかった僕ですが、
  その時には君に恥かしくない人間に成長しているでしょうか?

  いままで君に依存ばかりして来た僕が、
  わずか三年で君に並べるとは思っていません。

  君はあまりにも偉大過ぎました。
  それは君を知る全ての人が認めています。

  僕は、というと君のことが忘れられず毎日覇気もなく、
  ただ生きる為だけに時間を過ごしているだけです。

  ほんの数年前迄は闇雲に突っ走っていた僕は
  何処へ行ってしまったのでしょう。

  今になって分かったのは
  すべて君がいたおかげだったということです。
  君という後ろ盾を失った僕には
  何をするにも自信がありません。

  でも、あと三年で少しでも成長できるように努力してみます。
  それでも君の足元にも及ばないと思います。

  でも・・・・・・・・努力はしますね。
  その姿だけでも見ていてくださいね。
  
2011-03-10(Thu)
 

天国の孝ちゃんへのメール 現実と現(うつつ)

2010年11月06日(土) 03時42分
  孝ちゃん。
  今、僕が体験しているこの人生は現実のものなんでしょうか?

  最近、現実と現(うつつ)の境目が
  わからなくなる時があるみたいです。

  何も手付かずでボーっとしている時があるようです。
  そんな時は必ず隆之にポンポンと何か言われて
  現実に引き戻されています。

  今は大丈夫ですがいつか何かが起こりそうな
  そんな不安を感じています。
2011-03-10(Thu)
 

天国の孝ちゃへのメール 走馬灯のように

2010年11月05日(金) 02時38分
  孝ちゃん。
  昨日のお葬式、精神的ダメージ大きかったです。

  今日は一日中君のことが頭から離れなかったです。
  いろいろなことが浮かんでは消え、
  走馬灯のように思い出が駆けて行きました。

  今もベランダでタバコを吸っている時、ふと君が
  リビングのソファーの上に腰掛けているんじゃないか
  という感覚に囚われてしまいました。

  でも、そんなことは絶対に起こり得ないことだと気付いた時、
  涙が溢れて来ました。

  あの楽しかった日々は
  永遠に帰って来ないと分かっているはずなのに、
  いつまで経っても認めることができません。

  君と共に僕の人生の目的も去っていってしまいました。
  僕は惰性で生きて行くしかないのでしょうか?
2011-03-10(Thu)
 

天国の孝ちゃんへのメール お通夜に行ってきました。

2010年11月04日(木) 02時52分
  孝ちゃん。
  今日は新○のふとん店のおじいちゃんの
  お通夜に行ってきました。

  実を言うとお通夜お葬式が当分の間無いことを
  祈っていました。
  だって、その場所へ行ったら絶対にあの時を
  思い出してしまうと思っていたからです。

  案の定、その間君のことばかりが
  頭の中を駆け巡っていました。
  読経の間”早く終わってくれ”と
  そればかり考えていました。

  これから何度もお葬式とかあるのでしょうね。
  新○のおじいちゃんは99歳だったそうですが、
  いつかきっと君みたいに若くして
  (君の場合は若く見える姿にしてと言うべきかな?)
  亡くなった人の葬儀にも行かなければならない時が来るでしょう。

  その時その家族の方々の気持ちが痛いほど分かる気がします。
  その時は一緒に泣いてしまいそうです。

  とりあえずそんな先のことを考えていても仕方ないですね。
  でも、君が僕の心の中に今でもしっかり留まっているのを
  確信した一日でした。
2011-03-09(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール 文化の日?

2010年11月03日(水)祭日 03時00分
  孝ちゃん。
  明日は祭日です。ゆっくり休みます。

  何にも文化的なこともしていないのに
  文化の日の恩恵を受けさせていただきます。
  僕にとっては全ての祭日が勤労感謝の日みたいなものです。

  君がいれば奈良の古墳を巡ったり、京都の神社仏閣を回ったり
  (宗教的なことは全く信じていませんけれどね
  するのでしょうけど、  
  今は身体的、精神的疲れをとることに専念します。
  何処かへ出かける気力は全く湧いてきませんですしね。

  では、本日はおやすみなさい
2011-03-09(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール 悲しみの言葉が無くなりつつある?

2010年11月02日(火) 03時30分
  孝ちゃん。
  さっきはごめんね。

  僕が送った今までのメールですが
  読み返してみるとあることに気づきました。

  文章の中に悲しみの言葉が無くなりつつあるみたいです。
  でも、悲しみの心が無くなったわけではありません。

  ただ君がいつまでも僕の心の中にいるということに
  はっきりと気づいていたのです。

  だから、最近の僕のメールは毎日起こったことや
  僕の気持ちを君に伝える手段になっているみたいでした。

  自分では意識しないのに、君が僕達の傍から離れずに
  僕達の近くで僕達を見守ってくれていることを
  確信している自分に気づきました。

  君は今でも僕達のことを心配してくれているんだね。
  本当にありがとう
  いつまでも僕たちと共にいてくださいね。
  
2011-03-08(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 11月01日午後9時15分

2010年11月01日(月) 21時15分
  孝ちゃん。
  11月01日午後9時15分です。

  あれから四ヶ月が経ちました。
  僕が送ったメールを読み返して思ったのですが・・・・・・・

  ごめん。忙しすぎてメールが打てません。
  時間までに終わりそうにないので
  残りは後でね
2011-03-08(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 隼人はフットサルへ

2010年11月01日(月) 03時32分
  孝ちゃん。
  今日は日曜日でした。お昼の1時迄寝ていました。

  ちょっと疲れがとれたかな?
  そして一日中雨だったのでゆっくりしました。

  隼人は昼フットサルの試合に行きました。
  メールを送っている今、彼は泥のように眠っています。
  凄いいびきが聞こえています。

  少しでも体を動かして体重を落としてもらいたいものです。
  120キログラムは重過ぎます。

  ということで雅之君と二人で晩御飯食べに行きました。
  結構美味しかったですよ。店の名前は忘れちゃった。
  また今度調べときます 

  食べている時は必ず君の事を思いながら食べていますからね。
  君が隣に居ると思って
2011-03-08(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 悲しいお知らせ

2010年10月31日(日) 03時40分
  孝ちゃん。
  今日も悲しいお知らせです。

  スナック・○○キーのママに癌が見つかったそうです。
  内臓関係らしいのですが詳しくはわかりません。

  一応手術する方向に進んでいるみたいですが
  君と同じ病気でないことを祈ります。

  僕の周りで立て続けに病気の人が増えているような気がします。
  僕達がそういう年齢に差し掛かって来たとということでしょうが
  やはりこういう話は聞きたくないですね。

  特に○○キーのママはとっても良い人だから
  悪性でないことを祈ってます。

  近いうちにお見舞いに行ってきますね。
2011-03-08(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 事件の続報

2010年10月30日(土) 03時20分
  孝ちゃん。
  台風が近づいています。

  でも、少し南を通過するみたいですので
  そんなに影響はないと思います。
  でも、雨がそこそこ降るみたいです。

  ところで先日の事件の続報です。
  亡くなった男の子は、あの○○部事件の時のガールズバーで
  働いていた男の子らしいです。
  そうウチのビルのテナントだったあのガールズバーです。

  あの事件の後、現在の店で働いていたらしいのですが
  ノルマが物凄くきつかったらしくて
  実は自殺だったという情報です。

  毎日ウチの店の角でキャッチしていたのですが、
  時々僕に声をかけようとして、すぐに気付いて
  「すみません」と小声で謝っていたのが印象的でした。

  生きたいと思ってもままならない君がいたのに
  自ら命を絶ってしまった奴もいる。

  二十歳代で人生を終えてしまうなんて、ご両親の悲しみは
  多分僕以上のものがあるのかもしれません。

  最近、死という言葉にものすごく敏感になっています。
  特に事件に関係しているとその人の人生を考えてしまいます。

  どんな人生だったのだろうか、もっと生きたかっただろうにって。
  なぜ、こんなメールを送っているのでしょうね。

  やはり君が幸せだったのだろうかという疑問が
  心の奥に残っているからなのでしょうね。

  僕は君をずっと働きづめにして、ゆったりとした幸せな時間を
  与えることが出来なかったと思い続けています。

  だからこうして毎日メールして自分の罪悪感を
  薄めようとしているのかも知れません。

  本当に本当に後悔しています。
  ごめんなさい。

  何時か君の許しの言葉が聞こえるまで
  毎日メールします。
2011-03-07(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 麻酔なしで切開

2010年10月29日(金) 03時13分
  孝ちゃん。
  真寿美の風邪がなかなか治らないそうです。

  お腹の赤ちゃんに悪い影響が出なければいいのですがね。

  そういえば君も妊娠している時に目のところに
  モノモライのでっかいやつができましたね。

  でも、赤ちゃんに悪影響が出るかもしれないということで、
  麻酔なしで切開手術をしましたね。

  ものすごく痛かったはずなのに
  じっと我慢していましたね。

  「痛くないの?」って聞いたら
  「痛いにきまっているでしょ!」
  って怒られましたね。

  いろんな場面でいろんな思い出が甦って来ます。
  これからも思い出はひとつひとつ心の中に
  浮かび上がって来るのでしょうね。
2011-03-07(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール またまた事件です

2010年10月28日(木) 04時08分
  孝ちゃん。
  今日はちょっと寒かったです。

  店に出てみると暖房が入っていました。
  朝はそれくらい寒かったのです。

  今年の夏は異常に暑く一気に冬になりました。
  秋の気配を感じる暇もありませんでした。

  そういえばTVでも紅葉前線のニュースを全く耳にしません。
  しかも、今頃になって台風がやって来そうです。

  今週末には近畿地方に最接近しそうです。
  稼ぎ時の週末にやって来るなんて最悪です。
  周りのお店も青息吐息で営業しているというのに
  本当に大変な事態です。

  そうそう話は変わるけれども、またまた事件です。
  近くのビルで変死事件がありました。

  どうもテナントのキャバクラの従業員が店で死んでいたらしい。
  覚せい剤とか、いろいろ噂が飛び交っています。
  さすが○○町。事件の話題性には事欠かないですね。

  君もよく承知しているように
  此処にはいろいろな人間が集まって来ますからね。

  これからは皆でこの街を安全で楽しい街にしていきたいですね。
  君が生まれ育った街ですからね。
2011-03-06(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール お腹の赤ちゃんは女の子

2010年10月27日(水) 03時50分
  孝ちゃん。
  真寿美の赤ちゃんの性別がわかりました。

  君はもうわかっているよね。
  そう女の子です。

  隼人はあの時からずっと女の子で間違いないと
  言い続けていました。僕もそう思っていました。

  隼人は君の生まれ変わりとして
  女の子が生まれて来ると確信していたみたいです。
  だから君がいなくなってもしっかりしていたのでしょうね。
  みんな、そう思っていたみたいです。

  さあ!大変だぞ。
  立ち飲みのお客さんたちも君が帰って来ると言って
  大騒ぎするだろうね。

  お客さんたちも君が死んでしまったと
  信じていない節があるみたいですからね。

  僕にとっては生まれて来る子は孝ちゃんです。
  僕と君にとっては初孫ですね。

  でも、君が生きていてその子と一緒に歩いていたら
  きっと知らない人からは君の娘だと思われたでしょうね。
  それ程君は若く見えましたからね。

  本当に君がいなくなってしまったのが残念でなりません。
  でも君が帰って来たと信じることにします。
  心の底から。
2011-03-06(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール ぼちぼち冬支度を

2010年10月26日(火) 03時31分
  孝ちゃん。
  明日からちょっと寒くなるそうです。

  確かに今日の朝は少し涼しかったです。

  ぼちぼち冬支度を考えていかなければなりませんが
  何が何処にあるのか把握しきれません。
  なにもかも君がやってくれていたのですね。
  今になっても君の存在の大きさを痛感しています。

  とりあえず風邪をひかないようにしなければね。
  これから段々寒くなって来ると、
  みんなで一緒にあの病魔と戦った日々を
  如実に思い出すことになるのでしょうね。

  その時に僕の心は平常心を保てるのでしょうか?
  君のあの時の姿が思い出された時
  僕の心にどんな陰が落とされるのでしょうか?

  出来るならば君の元気な時の姿以外は思い出さなければいいのに。

  でも、君の全てを心に刻み込んで置くのが
  僕の使命なのでしょうね。
  そう思って頑張ります。
2011-03-06(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 晩御飯どうする

2010年10月25日(月) 03時23分
  孝ちゃん。
  日曜日ごとに晩御飯どうするか悩んでいます。

  一番の問題はおばあちゃんです。
  確かに足が悪くて、僕達に迷惑をかけるのが
  嫌なのでしょうが、
  一緒に食べに行こうとしません。
  みんなでいろいろ考えて調達しています。

  僕達といえば、君には悪いのですが
  あちこち食べ歩いています。

  今日は梅地下の洋食の”とんはる”で食べました。

  インド料理を食べに行こうかと思っていたのですが、
  時間が無くなり簡単に済ましました。
  でも、充分に美味しかったですよ。

  最後の頃はご飯が食べられなかった君に
  こんなメールを送ってごめんなさい。

  でも、今の僕には何か変わったものを食べ歩いて
  悲しみを紛らすのもひとつのやり方なのかも知れません。

  その時は君がいつも向かいに座っていると思っています。
  いつもどうり別々のメニューを頼んで
  味比べをしているつもりでね。
2011-03-05(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 赤ちゃんを見守ってください

2010年10月24日(日) 03時53分
  孝ちゃん。
  今週も疲れ果てました。

  前の日曜日、結納を行なった関係で
  ここ二週間ほど全く休養がとれていません。

  真寿美も疲れ果てて
  風邪っぽい症状が出ているそうです。

  お腹の赤ちゃんに影響が出なければいいのですがね。
  君だったらいろんな手助けが出来るでしょうに
  男の僕では如何ともしがたいです。

  赤ちゃんをしっかり見守ってくださいね。
  君の助けが必要です。
2011-03-05(Sat)
 
プロフィール

Author:孝ちゃんのパパ
僕は鹿児島生まれの男性です。
大阪の大学時代に知り合った妻のたかちゃん(孝子)と子供たちと幸せにくらしていました。たかちゃんの命の灯が消えました。たかちゃんを忘れられず毎日メールを彼女の携帯に送り、今も送り続けています。
たかちゃんは岡村孝子さんと同じ孝子(たかこ)といいます。

リンクはフリーです。
連絡しなくてもいいですよ。

外国から訪れてくれた方へ!
翻訳機能に不備があり、
<たかちゃん>が<たかし>と翻訳されますが
<たかちゃん>は女性です。

僕と妻への応援お願いします

FC2Blog Ranking

フリーエリア
外国語自動翻訳 ここクリックで まず英語に翻訳
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR