天国の孝ちゃんへのメール 四七日(よなのか)

2010年7月28日(水) 11時00分
  孝ちゃん。
  君の四七日(よなのか)終わりました。

  住職さんの読経の途中で堪えられなくなってベランダに
  逃げ出しました。

  ごめんなさい
スポンサーサイト
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 不安と混乱

2010年7月28日(水) 08時35分
  孝ちゃん。
  不安と混乱で再び眠りに入ることができません。

  胸がドキドキと早鐘を刻んでいます。
  この感覚は初めてです。

  お願い! 誰か助けてください!
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール こっちが夢なんだ

2010年7月28日(水) 08時22分
  孝ちゃん。
  毎朝目が醒めた時、
  こっちが夢なんだ、今夢の中にいるんだと
  一瞬思ってしまいます。

  現実の中に身を置きたくなくて、再び眠りに就いてしまう。
  毎日がその繰り返しです。

  眠りから永遠に醒めなければいいのに。
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 君にエールを

2010年7月28日(水) 01時16分
  孝ちゃん。
  君の最後の再入院からちょうどふた月、経ちました。

  あの時はこんな事態を迎えることを考えたくなくて
  現実から逃避していました。

  でも、その時は確実に忍び寄っていたのですね。
  付き添いで君の最後の日まで病院で寝泊りしたことは、
  僕の人生に於いて最大の悲しみを抱えた忘れがたき
  ひと月となりました。

  でも、君の最後の日までずっと傍に居ることが出来た事は
  僕にとってはとても・・・・・・・・・・
  何と言うか言葉で言い表せない不思議な充実感がありました。

  最後の頃にはその時が近づいて来たのが感じられ、
  毎晩ベッドの横で涙を溜めていました。

  そして、僕が病院から仕事に行く時
  いつも手を振ってくれましたね
  エレベーターに乗る前に涙を拭くのがとても
  辛かったです。

  今も涙でメールの文字が滲んでいます。
  君のあの時の頑張りに最大のエールを
  送ります。
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール ニャンコのタカちゃんとコーちゃん

2010年7月27日(火) 01時15分
  孝ちゃん。
  すぐ近くで二匹のニャン子が生まれています。

  とてもかわいいんです。 可愛がっています。
  タカちゃんとコーちゃんと呼んでいます。

  でも、周りがうるさいのでご飯をたくさんあげるのは
  控えています。

  連れて帰るのも迷っています。
  うちにはミーちゃんがいますからね。
  あの子は自分のことを猫と思っていませんからね。

  もうすこし様子を見ましょうか?
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 花火見えましたか?

2010年7月26日(月) 01時12分
  孝ちゃん。
  花火見えましたか?

  今年の花火はとても綺麗でしたね。
  まるで君を見送っているみたいでしたね。

  花火の最後では君の写真を抱えて一緒に見ていたのは
  わかりましたよね?

  本当なら君と並んで見ていたはずなのに
  それも叶わぬ夢となってしまいました。

  どんな形でもいい。
  もう一度願いが叶って欲しい。

  神様は信じないけれど、
  神様どうか願いを叶えて下さい。
2011-01-31(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 天神祭りの花火

2010年7月25日(日) 20時37分
  孝ちゃん。
  今日は天神祭です。

  君の写真を花火の方へ向けています。
  見えますか?

  ずっとこの日を待っていましたよね。
  今年は日曜日に花火の打ち上げがあるから絶対に
  このベランダから見ようねって言っていましたね。
  それは叶いませんでした。

  今、君の写真を囲んで皆でご飯食べています。
  この寂しい祭りは、一生忘れることは無いでしょう。
  もう一度天神祭に行きたかったね。

  この花火が君のところから見えますように
  祈っています。
2011-01-30(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 周りの生活は変わりなく

2010年7月25日(日) 2時40分
  孝ちゃん。
  一週間終わりました。

  君がいなくなっても周りの生活は変わりなく
  動いています。 
  とても寂しいです。

  一人の人間の死は世の中の動きに何の影響も
  与えないのですね。

  ただ僕の心の中には耐え切れない程の悲しみを
  残しています。
  そしてそれが、君の為にいつか何かをしてあげなければ
  という気持ちの昂揚に繋がって来ているような
  気がします。

  いつか、・・・・・・・・・きっとね
2011-01-30(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 天神祭り

2010年7月24日(土)12時40分
  孝ちゃん。
  天神祭の季節になりました。

  今日は神童による神事が行なわれたと
  TVで報じられていました。

  僕が野球の監督を辞めて五年。
  さすがに今年の神童は顔も名前も馴染みが
  ありませんでした。

  月日の経つのは早いものですね。
  あの頃は僕の監督業のサポート、
  本当にありがとうございました。

  君にはいろいろな負担を強いていたことを
  後悔しています。
  ごめんね
  僕だけが好きな事ばかりやって来た事も後悔しています。
  明日は本宮です。

  一緒にベランダから花火をみようね。
  
2011-01-30(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 営業延長

2010年7月24日 2時07分
  孝ちゃん。
  今日は久しぶりに遅くまで店を開けていました。

  君がいなくなってから始めての営業延長です。
  たくさんのお客さんが買い物に来てくれました。

  ひょっとして君がお客さんを呼んでくれて
  いるのかな?

  君と僕が大事にしていた店を
  しっかり守れる様に頑張ります。

  お客さんをいーーーーーーーっぱい
  呼んで来てくださいね。
2011-01-30(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール もっとたくさん食べさせてあげたかった

2010年7月23日 18時19分
  孝ちゃん。
  異常な暑さです。
  アイスが欲しくなります。

  君が最後に入院した時、何も食べられなくても
  アイスだけは食べられていましたね。

  あの時アイスを口にして
  「あーーーー美味しい」と言った
  あの嬉しそうな顔と声は絶対に
  忘れることはないでしょう。

  もっといろいろな物を食べさせてあげたかったなーーーーー。
  何時かきっと、食べさせてあげるからね。
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール ルート66追伸

2010年7月23日 1時45分
  孝ちゃん。
  追伸です。
  ルート66のあらすじは全く覚えていませんでした。

  でも、ドラマの中の人間性は心の奥にしっかりと
  刻み込まれているみたいです。

  これからは、ちゃんとそれを表に出して行くことを
  約束します。
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 今日もルート66のDVDを

2010年7月23日 1時35分
  孝ちゃん。
  今日もルート66のDVD見ていました。

  四十年以上前に見たTVドラマですが、やはりこのドラマに
  僕の原点があったことを確信しました。

  それなのに田舎から都会に出て来て能力以上に頑張りすぎて、
  自分の我を通し過ぎて君には我慢ばかりさせていたんですね。
  今、本当にわかりました。

  いつか、君に会って謝る時が必ず来ると思います。
  その時まで待っていて下さい。
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール いつもの道をいつもの姿で

2010年7月22日 1時54分
  孝ちゃん。
  今日の仕事が終わって帰って来ました。
  いつもの道をいつもの姿で。

  家に帰っても君の姿はありません。
  ただ、写真の中で微笑んでいるだけですね。

  でも、その微笑があるだけでも今は充分です。
  素敵な写真を残してくれてありがとう

  いつまでも歳をとらずに、この微笑みは永遠に残るのですね。
  いつか僕もこの様な微笑を携えることが
  出来るのでしょうか?
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール お花が届きました

2010年7月21日 19時31分
  孝ちゃん。
  日展の浜ちゃんからお花が届きました。

  いろいろな人からたくさんのお供えが続々と
  届いています。

  ちょっとした芸能人並みですね。

  そんな君が僕の奥さんだったことを
  心の中にしっかりと焼き付けて置くことを
  約束します。
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 三七日(みなのか)終わりました

2010年7月21日 11時45分
  孝ちゃん。
  君の三七日(みなのか)終わりました。

  もう三週間、いや、まだ三週間しか経っていないのですね。
  まだ現実の事として受け入れられません。

  住職さんの読経を聞いていると涙が溢れそうになります。
  現実を受け入れられない僕と、現実を受け入れろという僕、
  二つの人格が存在しているようです。

  まだまだ、この葛藤は暫く続くのでしょうね。
2011-01-25(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール ルート66のDVD

2010年7月21日 2時34分
  孝ちゃん。
  今ルート66のDVDを見ています。
  船橋君が持って来てくれました。

  僕の、ルート66とアメリカとカントリー狂い?では
  君に大変な迷惑をかけてしまったと反省しています。
  僕の趣味に付き合ってくれて本当にありがとう

  でも、その趣味のおかげで君をアメリカのラスベガスやグランドキャニオンや
  グランドサークルへ連れて行くことが出来、
  ほんの少しだけですがルート66を走ることが出来たのは、
  僕の心の中でちっちゃな自慢にはなっていました。

  君がみんなに「とっても楽しかった」と言ってくれていたと聞いて
  うれしかったです。
  そして、いつかはシカゴからロスまで二人だけでルート66を走りたいと思っていましたが
  それも、とうとう叶わぬ夢となってしまいました。

  一人では行く気がしません。
  だから二度と行くことはないでしょう。

  君と雅之と隼人と僕と四人で旅した思い出を胸に抱えて
  生きて行きます。
2011-01-23(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール いとこの浩行が・・・・・

2010年7月20日 22時39分
  孝ちゃん。
  今、学おじさんの息子の浩行がお参りに来てくれました。

  わかりましたか?
  ちょっとびっくりしました。
  僕の亡くなった親父とは血が繋がっていないはずなのに
  親父にそっくりでした。

  そして、思いました。
  絶対に君にそっくりな人がいるはずだ。
  君の生まれ変わりがいるはずだ、とね

  いつか、巡り会えることを信じて探し続けていきます。
2011-01-22(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 雅之君から

2010年7月20日
  孝ちゃん。
  今日、雅之君から50万円頂きました。

  君の葬儀費用に役立てて下さいとのことです。
  「大丈夫だよ」って言ったのですが
  「僕もお母さんの為に何かしたい」というので
  ありがたく預かりました。

  孝ちゃん。
  君の子供達は三人とも大きく成長しています。
  安心して下さい。

  あとは、僕だけ・・・・・・・・・ですね。
2011-01-22(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール クーラーが

2010年7月20日 0時37分
  孝ちゃん。
  今日はリビングのクーラーを注文しました。

  とうとう今年は壊れてしまいました。
  去年もだいぶ効きが悪かったですね。
  ひょっとしてあれが、君の体力を消耗していたのではと
  今、後悔しています。

  これからは、いろいろな事に気を配り後悔しない様にします。
  それに気づくのが遅すぎました。

  自分の不注意で愛する人を無くする悲しみを
  二度としません。
  それで赦してください。  
    愛する孝ちゃんへ
2011-01-22(Sat)
 
プロフィール

孝ちゃんのパパ

Author:孝ちゃんのパパ
僕は鹿児島生まれの男性です。
大阪の大学時代に知り合った妻のたかちゃん(孝子)と子供たちと幸せにくらしていました。たかちゃんの命の灯が消えました。たかちゃんを忘れられず毎日メールを彼女の携帯に送り、今も送り続けています。
たかちゃんは岡村孝子さんと同じ孝子(たかこ)といいます。

リンクはフリーです。
連絡しなくてもいいですよ。

外国から訪れてくれた方へ!
翻訳機能に不備があり、
<たかちゃん>が<たかし>と翻訳されますが
<たかちゃん>は女性です。

僕と妻への応援お願いします

FC2Blog Ranking

フリーエリア
外国語自動翻訳 ここクリックで まず英語に翻訳
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR