天国の孝ちゃんへのメール 本の出版契約の打ち切り

2017年03月17日(金) 23時22分
  孝ちゃん。
  君に謝らなければなりません。         追記あり

  文◯社との出版契約を打ち切りました。
  本当にごめんなさい。

  先日、残った本をすべてこちらへ送ってもらいました。
  たくさんありました(笑)

  何故かと言うと、すべてがお金だったんです。
  本を出すまでは良いことを言われていました(笑)

  本を出してからちょっとしてから「ネット書籍にしませんか?」
  という提案がありました。
  当然少なからず費用がかかります(笑)

  そしてその後「書店での常設展示をしませんか?」
  という提案がありました。
  当然少なからず費用がかかります(笑)

  そして「2月15日で販売契約が切れますので販売の継続をしますか?」
  という提案がありました。
  当然少なからず費用がかかります(笑)

  すべて10万単位の費用が発生します。
  
  ブログのお友達に本屋さんで仕事をしている人がいました。
  何回か相談しました。

  それだけのことをしても効果は薄いだろうと忠告されました。
  すべてのことにお金を絡める!
  文◯社はそんなところですよ!って言われました(笑)

  そして気づきました。
  今の出版業界の未来に!

  昔の出版社は本を出すことで
  その本を応援しよう!
  支持を得られるように頑張って行こう!
  そんな姿勢がまず最初にきていたのです。

  しかし今の出版業界は話題性のある本にしか興味を示しません。
  仕方がないことだと思います。
  だって、猫も杓子も本を出そうとしているのですからね(笑)

  この出版社が一流になれないのには
  こういうところに理由があるのかもしれません。

  そして今思っていることは
  「本にするのが早かった!」ということです。

  本を出すことですべてが燃え尽きてしまいました。
  これで終わったと思ってしまい立ち直りはしましたが
  君への想いを届けることも出来なくなりました(笑)

  店の状況も刻一刻と変わっていくので
  対応に追われる日々が続いています。
  いつかそれもメールしたいなと思っています。

  このあと途中でブログ訪問を開始しましたが
  そこに私利私欲を具現化した産物という言葉がありました。
  某豊中の学校のことを書いた言葉です。

  言っておきますが本を出したのは
  本が売れたら儲かるという私利私欲は一切ありませんでしたからね(大笑い)
  出版するまでは!(またまた 大笑い)

  孝ちゃん。
  いつか第二集は出版します。

  それがこの物語の最終的な完結になると思っています。
  でもこのブログをやめたくないのでその出版は遥か先になると思います。
  出してしまったら、それこそ完全に燃え尽きてしまいそうなので(笑)

  それまでに以前の感覚を取り戻せたらな~とは思っています。

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  みなさま、とーたんさんからのコメントと
  僕の返事を読んでくださいね。
  コメントは書かなくていいですよ。

 
  

  
  
  
  

  
スポンサーサイト
2017-03-20(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 更新の気力が湧きません

2016年05月某日
  孝ちゃん。
  完全に落ち込んでいます。

  本のことです。
  もう少しは支持を得られると思っていました(笑)

  ところが印刷数の半分にも届かない販売数量でした(笑)
  ある程度は・・・・・と思っていたのですが残念な結果が届きました。

  自費出版にはやはり限界がありますね。
  何かのキッカケがないと無理だということがわかりました。

  出版社が強いバックアップをするか、何かで取り上げられるか
  そんなことがない限り無理なことでした(自嘲 笑)

  そのために、君へメールを送ってブログに掲載するという気持ちが
  完全に萎えていました。

  でも今日、おこちゃんさんや薫子さんから連絡を頂き
  このままではいけないな~って思っています。

  僕の力が及ばないために君のために尽くすことが出来ませんでした。
  第二集の刊行もしばらく見合わせます、ごめんね。

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  みなさまへ。

  そういう事情で更新の気力が湧いて来ませんでした。
  その間、何とかしてと思いながらニャンコの保護に邁進していました。
  2~3日後には更新の再開を目指します。

  義援金は皆様のご意見を参考に致しまして
  県の対策本部と益城町の対策本部に振り込みました。
  
  ご意見へのお返事はこの場所にて感謝の言葉に代えさせていただきます。
  コメントへの返事も出来ませんがご了承ください、ありがとうございました。
2016-06-01(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール またまたお知らせです

みなさま、こんばんは。

  出版社から提案があったのです。
  それは紀伊國屋書店での常時販売に向けての企画でした。

  これには少しばかりの費用がかかりますが
  返品もなく販売が可能というものでした。

  しかしながら、ブログのお友達に書店関係者の方がいらっしゃいます。
  相談致しましたところ、将来高額の負担が発生する可能性があり
  費用対効果は薄いとのことでした。

  そうなんです、何を焦っているのだろうか?
  僕がみなさまから応援して頂いているのはこれではなかったはず!

  5年間もの年月をかけて、自分の本当の姿を見せて来たからではないのか?
  もしも高額の費用を払うことになって本が売れても
  それを孝ちゃんが喜んでくれるのだろうか?

  僕がここまで来れたのも、今みなさまが僕のために行ってくれているように
  人との繋がりを大事にして来たからではないのか?

  悪魔の囁きが僕の耳に聞こえて来たのでした(笑)

  このような企画には賛同しないつもりです。
  人との繋がりを大事にすれば時間がかかっても
  たくさんの方からの応援を頂けると思っています。

  本当に今回のことはお騒がせしてすみませんでした。
  Oさん、ありがとう! 嬉しかったですよ!

  Oさんが見せてくださったような応援を大事にしていきます。
  
  I will make my own dream come true, some day
 



2016-02-08(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール ゼミの同級生

2016年01月23日(土) 03時02分
  孝ちゃん。
  昨日、ビックリすることがありました!

  君の大学時代のゼミの同級生の方が三人来てくださいました。
  たまたま他の方も含めて数名で会うことになり
  三人は何処へ行こう?ということになったそうです。

  近いからおばあちゃんの店に行こうということになり
  やって来てくれました。

  皆さんが君の旅立ちが早すぎた!
  って仰ってくださいましたよ。

  一昨日、本のパンフレットが届いていたので
  それを渡しました。

  原田さんがみんなにも伝えてくれると仰っていました。

  しかしながら、このタイミングで来てくださいますか?
  一瞬どこかで本のことを聞きつけて来てくださったのかと思いましたよ。

  でもこれは君が呼んでくれたんでしょうね。
  「お父さん、ありがとう!みんなにも読んでもらいたいからね!」
  ってね!

  きっと、きっと、そうなんでしょうね!

  Anytime I'm thinking of you!
2016-02-03(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール 提携書店

みなさま、こんにちは。

このたびの本の出版において、たくさんの方の応援を頂きましたこと
熱く御礼申し上げます。

つきましては出版社から配本書店の一覧が届きました。
すでに予約いただいた方もたくさんいらっしゃること本当に嬉しいです。

ネットでもご注文頂けますが、とりあえず書店名を書かせて頂きます。

 北海道:三省堂書店・札幌店(札幌市中央区北五条西2-5
                      JRタワー札幌ステラプレイス5F)
      ザ・本屋さん WOW店(帯広市西四条南29-1)
 青  森:NET21伊吉書院旭ヶ丘店(八戸市新井田小久保尻25-1)
      紀伊國屋書店 弘前店(弘前市土手町126)
 宮  城:ゴコー書店 小松島店(仙台市青葉区小松島2-2-5)
 茨  城:リブロひたちなか店(ひたちなか市新光町35ニューポートひたちなか
                                 Fクルーズ2F)
 栃  木:紀伊國屋書店 宇都宮店(宇都宮市馬場通り3-1-1パルコ8F)
 群  馬:煥乎堂 群馬町店(高崎市中泉町609-5)
 埼  玉:リブロ 東松山店(東松山市小松原町11-2西友東松山店2F)
           ららぽーと富士見店(富士見市山室1-1313ららぽーと富士見1F)
           須原屋 春日部店(春日部市粕壁東2-5-1西部春日部店6F)
 千  葉:大和屋書店(四街道市四街道1-2-8)
      :リブロ ペリエ千葉店(千葉市中央区新千葉1-1-1ペリエ千葉
                                ペリエ3カーニバル館1F)
      :多田屋 稲毛店(千葉市稲毛区小仲台2-6-1)
 東  京:三省堂書店 神保町本店(千代田区神田神保町1-1)
      :丸善 丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4丸の内OAZO内)
      :丸善 日本橋店(中央区日本橋2-3-10)
      :東京旭屋書店 池袋店(豊島区西池袋1-1-25東武百貨店池袋店
                                         プラザ館7F)
      :有隣堂 アトレ恵比須店(渋谷区恵比寿南1-5-5アトレ恵比須5F)
 神奈川:有隣堂 アトレ川崎店(川崎区駅前本町26-1アトレ川崎6F)
      :ブックプラザ・タニ(川崎市高津区子母口375)
      :有隣堂 ルミネ横浜店(横浜市西区高島2-16-1ルミネ横浜6F)
      :有隣堂 戸塚モディ店(横浜市戸塚区戸塚町10ラピス戸塚1ビル
                                      戸塚モディ4F)
 新  潟:紀伊國屋書店 新潟店(中央区万代1-5-1ラブラ万代6F)
 富  山:紀伊國屋書店 富山店(富山市総曲輪3-8-6総曲輪フェリオ7F)
 山  梨:よむよむ 増坪店(甲府市住吉本町1188イッツモア増坪店C棟)
 長  野:平安堂 諏訪店(諏訪市四賀2326-1)
 岐  阜:自由書房 EX高島屋店(岐阜市日ノ出町2-25岐阜高島屋9F)
 静  岡:岳陽堂書店(富士市本町12-8)
 愛  知:TSUTAYA ウィングタウン岡崎店(岡崎市羽根町小豆坂3)
      :TSUTAYA バロー戸田店(中川区戸田明正2-110バロー2F)
      :書林房 五常(昭和区阿由知通5-13)
 滋  賀:旭屋書店 イオン西大津店(大津市皇子が丘3-11-1イオン西大津店4F)
      :天晨堂 ビバシティブックセンター(彦根市竹ヶ鼻町43-2)
 京  都:宮脇書店 亀岡店(亀岡市安町小屋場81)
      :宮脇書店 イオン亀岡店(亀岡市古世町西内坪101イオン亀岡店3F)
 大  阪:ヒバリヤ書店 本社(東大阪市足代2-5-24)
      :紀伊國屋書店 グランフロント大阪店(北区大深町4-20
                                 グランフロント大阪南館6F)
      :紀伊國屋書店 梅田本店(北区芝田1-1-3阪急三番街)
      :ジュンク堂書店 大阪本店(北区堂島1-6-20堂島アバンザ内)
      :紀伊國屋書店 本町店(中央区安土町2-3-13大阪国際ビルディング1F)
      :旭屋書店 なんばCITY店(中央区難波5-1-60なんばGITY本館B2F)
      :旭屋書店 天王寺MiO店(天王寺区非田院町10-39天王寺Mio9F)
      :田村書店 千里中央店(豊中市新千里東町1-3-321せんちゅうパル3・4F)
      :平和書店 アル・プラザ枚方店(枚方市津田元町1-4-1アルプラザ枚方店3F)
 奈  良:リブロ イオン天理店(天理市東井戸堂町381イオンタウン天理1F)
      :宮脇書店 田原本店(磯城郡田原本町阪手180-1)
 和歌山:あおい書店(田辺市湊1073)
      :荒尾成文堂(新宮市千穂2-3-8)
 岡  山:紀伊國屋書店 クレド岡山店(岡山市北区中山下1-8-45
                               NTTクレド岡山ビル5F)
      :丸善 岡山シンフォニービル店(岡山市北区表町1-5-1)
 広  島:フタバ図書 TERA広島府中店(安芸郡府中町大須2-1-1-3022)
      :フタバ図書 アルティアルパーク北棟店(広島市西区草津南4-7-1)
 山  口:フタバ図書 GIGA防府店(防府市鐘紡町7-1イオンタウン防府1F)
 愛  媛:紀伊國屋書店 いよてつ高島屋店(松山市湊町5-1-1いよてつ高島屋7F)
 福  岡:紀伊國屋書店 久留米店(久留米市新合川1-2-1ゆめタウン久留米2F)
      :紀伊國屋書店 ゆめタウン博多店(福岡市東区東浜1-1-1ゆめタウン博多2F)
      :紀伊國屋書店 福岡本店(博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナル6F)
 佐  賀:TSUTAYA積文館書店 佐賀大通り店(佐賀市与賀町70-1)
 長  崎:メトロ書店 本店(長崎市尾上町1-1アミュプラザ長崎3F)

  ふう~疲れた(笑)
  この書店にとりあえず配本されるそうです。
  本当に配本されるのか半信半疑です(笑)

  本の発注番号は「ISBN978-4-286-16963-7 C0095」です。
  題名はブログと同じ「天国の孝ちゃんへのメール」・文芸社刊です。

  もしも、お近くにありましたら手に取ってご覧いただけたらうれしいです。
  ご注文くださったみなさま、本当にありがとうございました。
2016-01-29(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール 指宿高校

2016年01月16日(土) 02時33分 (この投稿も前のものと重なります)
  孝ちゃん。
  昨日は母校指宿高校へ電話しました。

  実は指宿高校へも本を送っていたのです(笑)
  僕は高校時代は図書委員長をしていたので、
  僕の青春が詰まっている図書室にも置いて欲しかったのです。

  菊川先生?という方が出てこられて、
  「一冊はすでに図書室に置いてあります。一冊は手元にあります」
  と仰ってくださいました。

  やった~!
  僕の後輩たちも君のことを知ってくれるぞ~

  またひとつ、君のために成し遂げました。

  Anytime I'm thinking of you!

  
2016-01-27(Wed)
 

天国の孝ちゃんへのメール 相愛学園

2016年01月14日(木) 02時23分  (先日お知らせしたことと重複致します) 
  孝ちゃん。
  昨日、君の母校相愛学園に行ってきました。

  先週電話したところ
  教頭先生が会ってくださるということでした。

  昨日、本を三冊持ってお会いしてきました。
  読んで頂いてから図書室への蔵書を考えて頂けるようにお願い致しました。

  そして僕には必要のないものですが(笑)
  相愛学園の学園案内を頂いてきました。

  今、君の前にあるからわかりますよね?
  懐かしいでしょう?

  君の青春がたくさん詰まっているところですよね!
  変わっているところがありますか?

  僕は生涯で初めて女子高に入りました。
  何かとても落ち着かなかったですよ(笑)

  Anytime I'm thinking of you!

 
  
2016-01-25(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 本を持って行きました

2016年01月06日(水) 02時15分
  孝ちゃん。
  昨日、江坂と新大阪の○○○ストンホテルに請求書を持参しました。

  その時に本を持参しました。
  新大阪の支配人さんともう一人の方にはいつも気にかけて頂いているので
  どうしても読んで頂きたかったのです。

  江坂の方では、社長の娘さんには
  君のことを伝えてあり本を出すということも言ってありました。

  とても喜んでくださって
  読ませて頂きますと仰ってくださいました。

  たぶんスタッフの皆さんも読んで頂けると思います。
  また、たくさんの方が君のことを知ってくださいますね!
  とっても嬉しいです。

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  本のことを記事にするのは御終いだと思っていたのですが
  孝ちゃんに送ったメールが残っていました。
  ご勘弁を(笑)
2016-01-18(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 本の表紙ができました。

2015年11月28日(土) 02時23分
  孝ちゃん。
  本の表紙の見本が送られてきました。
  
img005.jpg

img006.jpg

img010.jpg

  色が少し薄いですが、これはコピーのせいだそうです。
  もっと青くなりますよ。

  本当はこの絵を表紙全体に使いたかったのですが
  デザインさんの意見を尊重しました。

  裏表紙に表紙絵・mae mikiと印刷されます。
  この絵は淡路島の料理屋<まえ川>のmikiさんが君に送ってくれた絵です。

  君の人柄が絵の奥から滲み出ています。
  こうして君は僕のメールを読んでいるんだろうね!

  あと二ヶ月ちょっと!
  配本はその前に行われるそうです。

  自分自身が一番楽しみにしています。
  君も楽しみに待っていてくださいね!

  Anytime I'm thinking of you!

  












2015-12-04(Fri)
 
プロフィール

孝ちゃんのパパ

Author:孝ちゃんのパパ
僕は鹿児島生まれの男性です。
大阪の大学時代に知り合った妻のたかちゃん(孝子)と子供たちと幸せにくらしていました。たかちゃんの命の灯が消えました。たかちゃんを忘れられず毎日メールを彼女の携帯に送り、今も送り続けています。
たかちゃんは岡村孝子さんと同じ孝子(たかこ)といいます。

リンクはフリーです。
連絡しなくてもいいですよ。

外国から訪れてくれた方へ!
翻訳機能に不備があり、
<たかちゃん>が<たかし>と翻訳されますが
<たかちゃん>は女性です。

僕と妻への応援お願いします

FC2Blog Ranking

フリーエリア
外国語自動翻訳 ここクリックで まず英語に翻訳
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR