天国の孝ちゃんへのメール 千の風になって

2017年09月21日(木) 15時21分
  孝ちゃん。
  僕の考えと同じ考えを持つアメリカ女性の話です。
  YOUは何しに日本へからです。

  僕がいつも言っていることですが人は旅立っても
  愛する人の周りに存在しているのですね。

  でもこの考え方はやはり神道独特の考え方みたいです。

  その女性は両親が女性を産んだのちに二人とも
  重い病にかかって彼女を育てられなくなりました。
  彼女は祖母のところで育てられ幸せに暮らしてきました。

  7年前女性が20歳の時に祖母は旅立って行きました。
  しかしながら彼女は
  祖母はいつも私の近くにいてくれている!と信じ
  友人にもそう話してきました。

  ところが友人たちはその考え方は気持ちが悪いと言って
  彼女を理解しようとしませんでした。

  そんな時に日本人の考え方神道の考え方を知りました。
  生と死を分けない考え方でした。

  そして来日して青木ヶ原の樹海へ。
  そこで何かを感じ取りたかったのです。

  富士山の麓にある神社へも訪れることになりました。
  そして御師の家。

  御師の家とは神社に属した神主さんが
  参拝者を泊めたり案内する施設のことです。

  そこで神主さんから
  彼女の考えを後押しする言葉を頂きました。

  彼女は祖母が近くで見てくれているという感覚で
  とても穏やかな気持ちになって行きました。

  そして大好きな日本の歌
  「千の風になって」を歌っていました。

  僕のブログには寺院関係の方が数名訪れてくれています。
  
  仏教やキリスト教、その他の宗教を否定はしません。
  ただ罰があたるとか祟りがあるとか幽霊の復讐、
  そんな言葉が信じられないのです。

  それよりもいつも旅立った人が近くで見守ってくれる!
  そう思ったほうが心を穏やかにしてくれますよね。

  これからも僕は彼女と一緒で
  君がそして母や父や弟たちがそばにいるんだ!
  そう信じて生きて行きます。

  Anytime I'm thinking of you  
スポンサーサイト
2017-09-22(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール ここにも・・・・・を信じたくない人が

2017年09月19日(火) 22時50分
  孝ちゃん。
  今、仰天ニュースの特番を見ていました。

  そしてここで娘の旅立ちを認めたくない人のことが放送されていました。

  アメリカの男性。
  娘が脳死状態になってしまいました。

  娘さんは生前、臓器提供のドナー登録をしていました。
  医師からもその提案があり決断しました。

  娘さんからは四つの臓器が取り出され
  それを必要としている人に移植されました。

  男性は娘のことが忘れられず一つのことを決断しました。
  それは自転車でアメリカを周り
  娘が生きていたことを一人でも多くの人に知ってもらおうと思ったのです。

  自転車の後ろに娘さんのことを書いたボードを貼り旅を始めました。
  そしてある場所にたどり着きました。

  そこで待っていたのは一人の男性。
  たどり着いた男性はその人の胸に聴診器を当てました。

  聞こえて来たのは力強い心臓の鼓動。
  そうなんです!
  移植された娘さんの心臓はその人の胸の中で生きていました。

  僕も君の臓器の移植を提案していました。
  残念ながらそれは叶いませんでしたが
  その後の病理解剖は医学の発展に大きく貢献したことを信じています。

  男性の娘さんはたくさんの人に生きた証を知ってもらいました。
  僕もブログで君の生きた証を綴り続けていますが
  もうすでに何千人という人に知ってもらいましたよ!

  これからももっとたくさんの人に、
  何万人という人に知ってもらわなければなりません。

  ただ日々の暮らしの辛さが
  たまに僕の努力を打ち砕こうとしています(笑)
  それでも出来る限りのことを行なって行きたいと思っています。

  この番組は他に見たい番組があったので予約を消していたのです。
  ちょうど晩御飯を食べ終わって店でチャンネルを変えたら
  この映像が始まるところでした。

  きっとこれも君が見せてくれたのかもしれませんね。
  間違いなくそうでしょう!

  世界には別れを認めたくない人がたくさんいるんですね。
  たくさんの力をもらったような気がしています。

  Anytime I'm thinking of you !
  
2017-09-19(Tue)
 

天国の孝ちゃんへのメール 天国の妻へのラブレター

2017年08月26日(土) 15時04分
  孝ちゃん。

  今TV東京の「家ついて行っていいですか」見ていました。
  10日ほど前の放送です。

  新コーナーで居酒屋で出会った人に
  奥様へのラブレターを書いてもらうというものでした。

  68歳の男性。
  奥様との結婚生活は38年。
  今年の1月奥様は旅立って行きました。

  奥様は20年ほど入退院を繰り返していたそうです。

  御主人と娘さんに見守られて別れの時が過ぎて行きました。
  式の間はコラえていた娘さんが最後の時に
  堪らず慟哭してしまったそうです。

  この時を最後に娘さんはお母さんを、
  御主人は奥様の姿を見ることが出来なくなってしまうのです。

  僕もそうでしたね。
  式の間はしっかりしていたのですが
  最後に口づけをしてその姿がなくなってしまうという時に
  涙が溢れてきたことは絶対に忘れることはありません。

  男性が言っていました。
  京都が大好きで年に一回は京都に行っていた、
  桜が大好きでもう一度一緒に見たかった。
  今でも愛してる、生まれ変わってももう一度会いたい。

  もうこれ以上書けない、涙が出てきてしまったよ。
  
  僕もずっとそうだったな~
  こうしてメールを書いているときは涙が滲んでいた。
  今もそうだよ!(笑)

  今年の1月か!
  この男性もしばらくの間は奥様のことを思って涙するのでしょうね。

  そして立ち直った時には僕と同じように
  今度は生きる目的を見失ってしまうのかも知れないね。

  僕はあの本を出したことで、すべてが終わってしまったように感じて
  次の目標を見つけられないでいます。

  残された家族の生活もあるし
  思うことがあっても先立つものがありません(笑)

  男性が言っていました。
  今度生まれてくる時には健康な体で僕のところに来てください。

  僕も思っています。
  今度生まれてくる時には癌に負けない体で生まれてください。
  そして僕よりも長生きしてくださいね。

  Anytime I'm thinking of you !

  
    

  

  
2017-08-26(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 秀吉の茶々へのラブレター

2017年07月07日(金) 18時33分
  孝ちゃん。
  秀吉が茶々に宛てたラブレターが見つかったそうです。

  高い熱を出していた茶々の熱が下がったと聞いた秀吉が
  茶々にサンマを送ったので食べて元気になるようにと書いていたそうです。

  秀吉とラブレターってちょっと意外な組み合わせですね(笑)
  そんなラブレターを出すような認識がありませんでした(笑)

  秀吉が茶々に出したラブレターは3通見つかっているそうです。
  正室のねねに宛てたラブレターも見つかっています。

  ねねには
  「あなたからの便りが久しくないので待ち遠しい・・・・・」

  秀吉にはたくさんの側室がいたそうですが
  マメにこうして気遣いをしていたのでしょうね(笑)

  僕も君がいる頃にこうしてちゃんと想いを伝えるべきでした。
  でも今、こうして天国の君に便りを送ることで許してくださいね。

  今日は七夕。
  秀吉と茶々も天の川のほとりにいるのでしょうか?

  二人は引き裂かれたわけではないので年に一度ではなく
  毎日会っているんでしょうね。

  七夕の日にこの記事を目にして
  君にラブレターを送るキッカケを頂きました。

  天国とこの世。
  君は天の川のほとりにいるのではなくて
  僕のそばにいるんでしたね。

  Anytime I'm thinking of you!
2017-07-07(Fri)
 

天国の孝ちゃんへのメール MUSIC DAY

2017年07月01日(土) 18時50分
  孝ちゃん。
  君が旅立った日が再びやってきました。

  7年の月日が経ってしまいました。
  今年はもうこの日の法事は行わないと決めていました。

  朝起きた時にいつものように君の写真に向かってガッツポーズ!
  それで今日は終わるはずでした。

  でも君はやはり僕のことを見ているんですね。
  
  今日、TVでMUSIC DAYという番組をやっていました。
  昼からずっと車で配達などをして外に出ていて見ることもなかったのです。

  18時30分頃だったのだろうか?
  車をしまって店に帰ってくるとTVから聴こえてくる曲がありました。

  「夢をあきらめないで」
  岡本孝子さんが歌い始めるところでした。

  この一年、忙しさとやるせなさで
  商店街の放送で岡本さんの曲を流すことも出来なくなっていたのです。

  まさかこの日に岡村さんが歌うところを見るなんて思ってもいませんでした。
  岡村さんはTV出演することはまず無いと思っていたからです。
  しかもこの番組は生放送です。

  こんな嬉しいことはありませんでした。
  TVに出ない人がどうして出演したんだろう?

  僕の勝手な思い込みによると
  きっと君の力が働いたんでしょうね(笑)
  そう思いたくなってしまいます(笑)

  岡村さんも元気そうでしたよ。

  君の応援しっかりと感じとりました。
  まだまだ完全な復活は無理でしょうが
  少しでも前を向いて歩き続けます。

  君のメッセージ「夢をあきらめないで」
  心にしっかりと刻み込みました。

  Anytime I'm thinking of you!

  夢をあきらめないで この記事をどうぞ
2017-07-01(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール モニタリング

2016年10月10日(月) 23時10分
  孝ちゃん。
  モニタリングという番組を見ていました。

  夫が人類の危機を救うために
  人類が移住可能な星にスタッフとして行きたいというものでした。

  当然、ウソの設定ですが
  それを聞いた妻は許してくれるのか?というものでした。

  その時その妻は
  「行きたいんだったら行ってもいい」
  「仕事って好きな仕事ができるのが一番いい」
  って言っていました。

  もし状況は違って僕が何かこんなことを言ったら
  君はどんな反応を見せてくれたのだろうか?

  君は僕がやることに対していつも寛大な応援をしてくれました。
  僕がやることには反対どころか全力で応援してくれましたね。

  もしも、今の仕事をやめて他にやりたいことがあったら
  以前のように応援してくれたのだろうか?

  たぶん二人だけだったらそうしてくれただろうね。
  でも他の家族のことを考えたらそうは言わなかったかも知れない。

  状況が全く変わってしまっているけれど
  君がいないこの状況を甘受することが出来なくなっています。

  今の仕事を続けることが精神的にダメな状況なんです。
  君のために働くのであればどんなことでも甘受します。

  働き続ける意義が見いだせない状況なんです。
  精神的に参っています。

  でも、今の店の状況は僕がいなければ成り立たないので
  もう少し頑張ってみるしかないのかな・・・・・

  さて冒頭の夫婦ですが娘さんの反対で終わるのですが
  ・・・・・・・と話が続いて奥さんが
  「結婚した時点で一生一緒におるって思ってるから
   一緒にいようが離れようが気持ちは一緒。
   離れているからって大事に思ってないわけではないし
   大事に思っているからこそ離れても平気」

  そこまでやりたいと言うんだったら
  ・・・・・・・応援しますよ。

  どんなことがあってもずっと夫を応援する。

  そこでコーナーは終わりました。

  きっと君も今でもそうなんだと思っています。
  でも姿が見えないのは辛いな~(笑)

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  このメールは昨年の10月に送ったメールです。
  立ち直ったと宣言した僕はこれを掲載することが出来ませんでした。

  今、まだまだ完全に立ち直ったと思われなくなったので掲載しました。
  現在もこの精神状態は続いています(笑)
  でも以前に比べればはるかにいい状態ですよ。

  

  
2017-06-25(Sun)
 

天国の孝ちゃんへのメール 外国人に人気の京都スポット

2017年01月14日(土) 18時45分
  孝ちゃん。
  ブログ再開の本格的な最初は大好きな京都から始めましょうか!

  外国人に人気の京都スポットが発表されました。
  ところが何と!
  一位は大好きな伏見稲荷大社ではありませんでした!

  一位はフランス人オーナーが経営する小さなバー「レスカモトゥール バー」
  異国の雰囲気が漂う店内にはいろんな仕掛けが隠されているそうです。

  口コミサイト・Yelbが発表したものですが
  日本のサイトでも掲載されていました。→その掲載サイトはこちら

  何で伏見稲荷大社よりも人気があるんだ?と思いましたが
  何か素晴らしい魅力があるのでしょうね。

  君がいたら一緒に行ってみたかったですね。
  当然、伏見のお稲荷さんにお参りしたあとからですけどね(笑)
  でも二人ともお酒が飲めないのですがどうしたものでしょう?(笑)

  このサイトでは人気の7割ぐらいが飲食店だそうです。
  いろんな感じ方があるものですね。

  一位 レスカモトゥール バー
  二位 伏見稲荷大社
  三位 Feel“京” Good(バー)
  四位 アラビカ京都東山(カフェ)
  五位 かつくら三条本店(とんかつ)
    ・ 
    ・  
    ・
  (五位以下は上に掲載のサイトでご覧ください)

  外国の方にも神社仏閣がほとんど上位を占めると思っていたのですが
  この結果発表には少し驚きました。

  人によって人気スポットの感じ方は違うのですね。
  僕は何処へ行っても飲食店に興味を感じることはなかったですよね(笑)

  でもそういえば君は
  京都の町の美味しいお店を良く知っていましたね。
  感性の違いは明らかでした(笑)

  そして思い出したのですがこの感性を持っている人を思い出しました。
  ブログで僕を元気づけてくださる「かじ◯た」さん。
  
  あのいろんなことに感性を発揮している「かじ◯た」さん。
  とっても楽しいブログを書いています!

  他にもブログではいろんな感性を発揮している人がたくさんいらっしゃいます。
  そんなみなさんが僕を応援してくださることにはとても感謝しています。

  君や「かじ◯た」さん、そしてみなさんの感性には遥か及ばない僕です。

  Any time I'm thinking of you!
  


  
2017-01-14(Sat)
 

天国の孝ちゃんへのメール 著作権協会

2016年09月16日(金) 23時08分
  孝ちゃん。
  ジャスラック(日本音楽著作権協会)が排除命令を受け入れました。

  ジャスラックはこれを受け入れたそうです。
  この報道を読んだ時にふんふん(肯定のふんふんです 笑)と頷きました。

  ジャスラックは各TV局と定額の料金で契約を行っているそうです。
  これが新規参入を妨げるということで他からの申し立てがあったのです。

  こんなことを言ったらジャスラックに睨まれるかもしれませんが(笑)
  この機構は上から目線での行動が見受けられたようです。

  僕の記事も二件、ジャスラックの申し立てにより
  公開が中止されました。

  それは伊勢正三の「海岸通」と伝書鳩の「目覚めた時には晴れていた」
  だったかな?

  違法なことではあると思っていたのですが
  僕の想いを伝えることに際して必要なことでした。

  しかしながらここまでやらなければならないものでしょうか?
  楽曲および歌詞を営利目的でしようするならばダメでしょうが
  僕のように想いを伝えるためにどうしても必要ならば
  ある程度認めて欲しいですね。

  その記事を読んだ人がその歌手のことを知って
  また新たな市場が開拓出来るかもしれません。

  僕は僕の記事のこと本のことを
  岡村孝子さんの事務所にしらせました。

  次の本を出した時に岡村さんのことを載せていいか?
  尋ねたかったのです。

  ところがその事務所の方がブログを読んで
  「う~ん、これは・・・・・・」と仰ったのです。

  この言葉を聞いた時に僕は
  やはり事務所の方は著作権のことを最初に考えたんだな!
  って思いました(笑)

  そして僕が歌詞から感じ取ったことも
  岡村さんが考えていることと違うみたいなことも言われました(笑)

  どうでしょうか、孝ちゃん。
  人にはいろんな捉え方があり歌手の意向とは違うかもしれませんが
  そこから新たなファンを開拓出来るかもしれないのにね。

  とりあえず、岡村さんの歌詞の部分はすべて飛び飛びに
  ◯印に置き換える作業を行いました。

  ただあまりにも記事が多過ぎてまだ途中です。
  早く終了させたほうが良さそうです。

  そして岡村さんの事務所へはあれから連絡していません。
  ちょっと気力を失ってしまいました(笑)

  事務所の方も、いろんなファンがいるから
  迂闊な対応は出来なかったと思ってはいます。
  現在の状況ではこれも致し方ないことでしょうね。

  ジャスラックの独占が終了するようなことがあれば
  いつかファンが僕のように気持ちを伝える手段として
  楽曲や歌詞の掲載が出来るようになるかもしれませんね。

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  ジャスラックが集めたお金の配分方法にも
  ネットではいろんな意見が飛び交っています。

  この姿勢が楽曲販売の市場を狭めているとも言われています。
  
  歌は聴いている人に気持ちを伝えるものです。
  それをいろんな人が伝えて行けるような土壌を構築して欲しいですね。
  

  
2016-09-22(Thu)
 

天国の孝ちゃんへのメール 秘境駅への里帰り

2016年08月28日(日) 22時26分   (追記に少し書き加えました)
  さっき「所さんの秘境駅シリーズ」を見ていました。

  函館の先の秘境駅に里帰りで降りる人はいるか?という企画でした。
  そして一人の男性が降り立ちました。

  男性は東京でリハビリの先生をしている人でした。
  
  父母の住む牧場にたった一日だけの里帰りでした。
  その日帰ってきて翌日にはもう東京へ帰るとのことでした。

  その日はすぐに父母の仕事を手伝い
  夜には母が用意してくれた郷土の美味しいものをたくさん食べていました。

  次の日帰る時にはお母さんの顔にはうっすらと涙が・・・・
  
  何故、僕は一日だけでもいいから帰ることができなかったのか?
  僕は君を失った痛手から立ち直れなかったとはいえ
  母は僕以上の寂しさを抱えていたはずなのに・・・・

  この映像はとても辛かったです。
  自分のことしか考えられず母の気持ちを推し量ることも出来なかった
  あの頃の自分を責めてしまいました。

  もう取り返しのつかない自分の所業ですが
  二度と人の気持ちを考えることを忘れないようにします。

  本当に親不孝者でした。

  Anytime I'm thinking of you!

  追記
  コメント欄のマリアージュ家のパパさんへの返信に
  母のことを少し書いてみました。

  時間のある方は読んでみてくださいね。

  
2016-09-05(Mon)
 

天国の孝ちゃんへのメール 淡路島モンキーセンター

2016年06月01日(水) 23時22分
  孝ちゃん。
  淡路島モンキーセンターのことが記事になっていました。

  昔はよく行っていましたね。
  4~5回は行っていますよね。

  ここの猿のことが書かれていました。
  ニホンザルと言えば気性の荒さで知られていますよね。
  この猿の世界では上下関係も厳しいものとして知られています。

  モンキーセンターは昭和42年に開園されたそうです。
  しかし開園当初からここの猿の間では争いが少なかったそうです。

  他所の猿の間では争い事がけっこう多いということで研究もされていますが
  いろんな要素が重なっているからだろうと言われています。

  ただ淡路島の猿には
  優しさに関わるホルモンを受け取るタンパク質の遺伝子に違いがあると
  京都大学の研究で明らかにはなっているそうです。

  でも僕はセンターの所長の娘である<延原早紀>ちゃんの存在が
  とっても大きいと思っています。

  僕たちが行っていた頃はまだ早紀ちゃんはいませんでしたが
  早紀ちゃんが障害のある小猿を親身に世話したりしている映像を見ました。

  その頃はボス猿のマッキーがトップにいました。
  このボス猿がまた、とっても優しい性格だったのです。

  早紀ちゃんとの映像を見たこともあります。
  マッキーと早紀ちゃんの優しさが
  ここの猿たちに更なる優しさをもたらしたのでしょうね。

  それだけではなく、淡路島全体の優しさが
  猿たちにも伝わっていたのかもしれません。
  僕たちが淡路島を好きになったようにね!

  今、僕たちが住んでいる街では
  自分の意見だけを押し通そうとする人がいます。

  そんな人たちに淡路島のお猿さんたちの心を学んで欲しい(笑)
  そんな気持ちがする今日この頃です。

  Anytime I'm thinking of you!

  
2016-06-20(Mon)
 
プロフィール

孝ちゃんのパパ

Author:孝ちゃんのパパ
僕は鹿児島生まれの男性です。
大阪の大学時代に知り合った妻のたかちゃん(孝子)と子供たちと幸せにくらしていました。たかちゃんの命の灯が消えました。たかちゃんを忘れられず毎日メールを彼女の携帯に送り、今も送り続けています。
たかちゃんは岡村孝子さんと同じ孝子(たかこ)といいます。

リンクはフリーです。
連絡しなくてもいいですよ。

外国から訪れてくれた方へ!
翻訳機能に不備があり、
<たかちゃん>が<たかし>と翻訳されますが
<たかちゃん>は女性です。

僕と妻への応援お願いします

FC2Blog Ranking

フリーエリア
外国語自動翻訳 ここクリックで まず英語に翻訳
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR